top of page

図面の見方

三角法とは一つの対象物のまわりに、投影図のいくつか又はすべてを

配置して描く正投影です。主役影図を基準にして、その他の投影図を描く。


下記の写真1は三角法で表せたものです。理解するのに時間がかかるかもしれません。

2007年に先生からいただいた、資料の一部です。



写真2で表せているのが、僕の感想に対して上司よりいただいた言葉です。

教えていただいたことが、実際にやれば自然に覚えられます。

すべてをやって実感するのが大事ということです。






閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page