top of page

腕ではなく頭で仕事をする

正式名称は『抵抗溶接』であり、英語ではSPOT WELDING(スポット溶接)

であり、一般的に呼び名はスポットです。

板を2枚重ねや板にナット、コードトメ等、上下のチップで加圧し、

通電するのが抵抗溶接(スポット溶接)の基本です。

図ー1














簡単そうに見えますが、実際、作業する際にタイトルにも書かれた

通りに頭で仕事しないと不良を起こしてしまいます。

材質、板厚によって、機械への入力条件が変わると剥がれの原因に

なってしまうからです。

条件とは、また次回説明したいと思います。


図−2は新入社員として教育を受けた際に企業トップから

頂いたメッセージです。時間が重ねていく上でわかるものです。



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page